株式投資をする場合は、どれだけ値動きが激しいか

株投資で稼ぎたい!と気になっている方のために

株式投資は難しい!?しっかりとした知識とテクニックがあれば、初心者でも稼ぐことは十分に可能なんです。

TOP PAGE >株式投資をする場合は、どれだけ値動きが激しいか

□株式投資をする場合は、どれだけ値動きが激しいか

株式投資をする場合は、どれだけ値動きが激しいからといっても、売り買いの繰り返し高のほとんどない小型株式へ投資をすることは、おすすめしたくありません。


どうしてかというと、日頃から出来高の少ない株式は、投資した株式が売却したい値で売ることができないからです。


株の初心者の方が苦手なのは、ずばり言うと、損切りです。

上がるとついつい思ってしまって、手放さない事が多いのです。


または、損したくないと考え、さらに損失を拡大させてしまう場合があります。絶対とか100%ということなどないので、損失を最小限で済ませるという事も株投資においては、すごく大切な事です。


私はアベノミクスという言葉で興味を持ち、経験のないまま、株を始めたばかりの未経験者です。



最初は全然得をせず、含み損でヒーヒー言っていたのですが、いまでは経済が良くなったのか、私の技能がよくなったのかプラスになるようになりました。
株式投資の新人から投資資金はいくらぐらいで始められるのかと問われたら、自分は最低100万円ほどは用意しないと、株式投資を開始することは厳しいと思います。



その根拠はこれくらいのキャピタルがあれば上場されている多数の銘柄の中から気に入った投資する会社を取捨選択することができるからです。投資に詳しくない人が株を始めたいと考えついたときは、できる限りリスクが少ない資産運用の方法を選ぶ必要があります。
いきなり個別株の取引を始めるよりも、最初は投資信託などから取引してみるのがよいかもしれません。

その次に、少し取引の仕組みなどが分かってきてから実際に株式投資を開始するとよいでしょう。

株を初めたばかりの人は売り払うときを逸してしまうことがあります。誰しもが人間、欲望がありますので、「あと少しだけ高値になったら」と期待しているうちに、株価が暴落してしまいます。
利益を確定させなければ利益にはならないことを念頭にして自分なりに株の売るタイミングを考えておくと利益が出る上手い方法が見つかるかもしれません。
株式投資には多様なやり口がありますが、その方法の一つがスキャルピングです。

スキャルピングは、株を購入してから売却するまでを、数秒から数十秒のかなりの短時間の間に済ませてしまう投資手段です。


スキャルピングの良い点は、株を保有している期間を、短時間に絞ることで、株価下落の危険や損失を最小限にすることができるということにあります。株の空売りを実際に行っている株式投資初心者は少ないだろうと思われています。しかしながら、株式投資をこれからずっと続けていこうと意識しているのなら、身につけておいたほうが得策だと思います。その理由は、空売りについて理解するということは買う側の気持ちだけでなく、売る方の気持ちも気にしていくようになるので、取引の幅が広がっていくためです。株式への投資において、時間がしっかり取れるというのは重要なポイントです。
日紙媒体で一番大きい市場である東証が開いている時間はAM9時からPM3時までのため、より良い値段で株式を売り買いの繰り返しするためにはこの時間に時間が自由になることが望ましいです。

こういった点で主婦の方は初心者であっても好都合な立場で、株への投資が出来ると言えるでしょう。

株取引では株式テクニカルな図面を参考にして売り買いの繰り返しするかどうかを判断する手法が存在しています。そのなかのひとつが、押し目買いという名の株の売り買いの繰り返しの手法です。株価が移動平均線と接する部分を底値と考えて、その底値近くに数字が来たら、株を購入するというのが押し目買いというものです。これまでの経験からいって、今後株価が上昇に転じる傾向が強くなるポイントといえます。


これから株を始めてみようと思って今のところはバーチャルの株の売買により楽しんでいます。


今はまだ調子が良くて、とても大きく勝ち越していますが、いざ実際の株の株の売り買いの繰り返しとなると簡単にいかないように思います。けれど、この株のバーチャルで得た感覚を大事にして、今年中には株の株の売り買いの繰り返しをしようと考えています。株を始めた人から上級の人まで絶対確認するべき数値が日経平均なのです。日経平均というのは、トヨタやソフトバンク、武田薬品、東レ、京セラ、キャノン、三井不動産などといった、日紙媒体を代表する全225社の株価を平均したものをいいます。初めての人でも毎日のように続けて日経平均を確認することで、株価の大きいトレンドがつかめるようになってくるでしょう。皆さんそうだと思うのですが、自分は株を始めたころ、ビギナーでテクニカルな図面の読み方が、判然としませんでした。
今でも、完璧にわかるというわけではないのですが、「たぶんこうだろう」という読み方があり、それを判断材料として使っています。
でも、今でも時々は誤ってしまう時もあります。株投資をしているサラリーマンは会社で仕事をしている時は相場を確認できないので、基紙媒体、デイトレードのようなことはできないものです。
なので、多くのサラリーマン投資家の人たちは決算書というものを読み込んで、割安株を探し出し、投資しているらしいです。
株式を売ったことにより、利益が出た際の税金は申告分離課税が原則となるのですが、証券会社で開いた特定口座での株の売り買いの繰り返しの場合は紙媒体人の代理で、その度に20%の税金を源泉徴収してくれるのです。



確定申告の手間をかけない便利な仕組みですが、損失繰越などをする時には確定申告が必要となります。私が持つ株が最近、特に上がったり下がったりとしているので、儲かりそうな株の銘柄、下がりそうな株の銘柄を自分でしっかりと判断をし、売り買いの繰り返しをしております。

ときどき失敗して、マイナスになってしまうこともありますが、現在のところは収支がプラスになっています。



今の状態のまま、プラスで売り抜けられたら嬉しいなと思います。株式投資初心者に是非とも記憶してほしい言葉にキャピタルゲインとインカムゲインがございます。


株で利益を求めるにはこの二つの言葉を忘れないでおいてください。


キャピタルゲインは株式売買で出てくる利鞘のことです。

例えば、1万円で買った株を2万円で売り渡せば、1万円の儲けがキャピタルゲインになるのです。株式の買い方が初心者にとっては理解しづらいでしょう。証券会社社員から具体的な目安を教えてもらったり、株式に投資をしている知人に詳細を話してもらうなどして、株式の買い方の相談にのってもらうと良いでしょう。
また、デモトレードを利用して、修練してみるのもいいかもしれません。



私は最近、株式を始めたばかりの初心者で、株投資ビギナー用の紙媒体を購入し、読み進めています。


参考になる紙媒体もあれば、「あれれ?こちらの紙媒体と書かれていることが違うきがするな?」と多少疑ってしまうような紙媒体もあるものですが、良い所も駄目な所も全て学んでいきたいです。



株投資で失敗しない方法いう紙媒体や記事をけっこう見かけます。
それでも、100パーセント失敗しないことなんてありえないのです。
とはいえ、きちんと勉強して、ルールを決めて投資するなら、成功することもありえるのが株というものなのです。

失敗を恐がったり、一回の失敗で諦めずに学んだ先に、株の楽しさが待っていると思います。株の経験がない方だけでなく、株式投資をする方の大多数はなるべく手数料が格安なネット証券に口座を開設するのがよいと思います。
どうしてかというと、株式を売り買いする手数料が安価であれば株式投資の売り買いの繰り返しがとてもすばやくできるからです。

知っているとは思いますが、株の売り買いの繰り返し方法には、現物取引と信用株の売り買いの繰り返しがあります。

やっぱり初心者には大きく資金を失う可能性がある信用株の売り買いの繰り返しは良い取引方法とは言えません。
今手持ちの資金内で投資できる現物株の売り買いの繰り返しが間違いなくおすすめです。資金以上に損するリスクがないんですから。


また、株主優遇される例を目的としてじっくり購入した株式を保有するのも一つの投資方法ではないでしょうか。株の初心者が最初から、難しい売り買いの繰り返しをするのはやめた方が良いです。例えばの話、株では空売りして利益を得る手段があります。空売りというのは、売りから始める信用株の売り買いの繰り返しです。

空売りであれば株価が下落した際にも利益を狙うことができます。ただ、危険性もあるため、空売りは株の売買に十分慣れてきてから行うべきといえるのです。株式投資の分野ではテクニカル指数を駆使して株式の投資をしている人たちが数多くいます。



そんなわけで、株投資の初心者もテクニカル指数については一通り紙媒体などで勉強してから株式の売り買いの繰り返しなどをスタートした方が、勝率が上昇するのではないでしょうか。
株のデイトレードの時短期間に大もうけできてしまう人は間違いなくいます。
デイトレードは、手に入れた株を持越すことなく当日のうちに手仕舞いしてしまうやり方なので、想定できないほどに株価が下がることも少なく、危険や損失管理がしやすいでしょう。賃金はなかなかアップしないのに政府は物価を上げようと躍起になっているように思います。物価が高くなったならば企業収益が上がり、株価上昇ともなります。



銀行等に余剰資金が眠っていれば、株投資を行うと良いです。株は簡単に始められます。



口座を証券会社に作ればよいのです。
現在はネット証券といったものもありますから、株の売り買いの繰り返し自体もスムーズにできます。株式投資はことのほか魅力的な投資のやり方の一つです。でも、株の売り買いにはいろんな危険も伴います。株の主な危険としては、値下がりの危険、流動性の危険、倒産の危険などがあります。株式投資は定期預金などとは違い、元紙媒体が保証されていません。
株を始めたばかりの人は、危険や損失を十分に理解して慎重に投資を行うことが重要です。株式投資の未経験者の方が、いざ決算書を読もうとしても、中の決算の情報がさっぱりわからなくても仕方がありません。実は、心配する必要はありません。
株の投資では、短期の売買に絞れば決算書を気にせず儲けられるからです。



株取引をした場合、所得税の譲渡所得や配当所得などを加味した上で、確定申告しなくてはいけません。ですが、特定口座を利用していたら、これら税務に関する計算は金融機関が代行してくれますし、確定申告が不要になることも多いです。


このように、株投資者初心者の方に一番お勧めです。私はつい最近、株式投資を始めたばかりの駆け出し者です。
株を買い、適度に儲かったら、ただちに売るべきなのか、それとも、長く保有した方が利益になるのかがわからなくて、今なお悩んでいます。



長い間、保有していると、優待などもありますし、悩ましいポイントです。


Copyright (C) 2014 株投資で稼ぎたい!と気になっている方のために All Rights Reserved.
top