株式投資には多様な手だてがあります

株投資で稼ぎたい!と気になっている方のために

株式投資は難しい!?しっかりとした知識とテクニックがあれば、初心者でも稼ぐことは十分に可能なんです。

TOP PAGE >株式投資には多様な手だてがあります

□株式投資には多様な手だてがあります

株式投資には多様な手だてがありますが、その手段の一つがスキャルピングです。スキャルピングは、株を購入してから売却するまでを、数秒から数十秒のごくごく短時間の間に済ませてしまう投資手段です。スキャルピングの強みは、ごく短い株保有期間に限定することで、株価が下落するリスクを最小限のものに保つことができるという点にあります。
私はアベノミクスという言葉に誘われ、知識を持たないまま、株を始めたばかりの素人です。
はじめはまったく利益が上がらず、損失でヒーヒー言っていたのですが、いまでは景気が上向きなのか、私の腕があがったのか黒字になるように変わってきました。

株式投資を始めるためには口座の開設が不可欠です。ビギナーにおすすめなのがネットの証券会社です。
ネット証券は色々な手数料が安価に抑えられているので、儲けやすいといえます。ネット証券によってサービス内容に差異があるので、照合してから口座を開く準備をしましょう。株式投資はとても魅力の強い投資の手だてのひとつです。
ただし、株の売り買いには多種多様な危険も持っています。株の主だった危険や損失としては、値下がり、流動性、倒産などの危険や損失があります。株式投資は定期預金等々とは異なり、元紙媒体の保証がないのです。株を始めたばかりの人は、危険や損失を十分に認識して慎重に投資を行うことが重要です。



株を始めたばかりの人はどの会社に投資したらいいのかわからないので、株式雑誌が取り上げている推奨銘柄の中からよさそうな銘柄に決めて購入します。


経験を積んで、徐々に理解できる銘柄の数を増やすことで、自身でいいと思える銘柄を見つけ出すことができるようになるのだと思います。株式株の売り買いの繰り返しにはリスクが存在します。
ですので、株の経験がない場合は、最初の資産運用は投資信託を考えてみるのも無難な方法でしょう。

投資信託は運用の専門家が多くの有利な投資先に幅広く分散して運用するので、安全で初心者に最もおすすめの運用法のひとつと言えるでしょう。


株の初心者の苦手とすることは、ずばり損切りというものです。ついつい上がると思ってしまい、手放さないパターンが多いのです。または、損することを恐れて、さらに損失を膨らませるケースがあるのです。絶対とか100%ということはありえないため、損失を最小限に抑える事だって株投資においては、すごく大切な事です。

株の初心者からベテランまで必ず確認しないといけない数値が日経平均株価です。日経平均とはトヨタ、ソフトバンク、武田薬品、東レ、京セラ、キャノン、三井不動産などといった、日紙媒体を代表する全225社の株価を平均したものを指します。始めたばかりの人でも毎日のように継続して日経平均を確認していれば、株価の大きなトレンドが分かるようになってきます。株式投資の領域では技術的指標を駆使して株式の投資をしている人たちが大勢います。このため、株投資のビギナーもテクニカル指標についてはおおまかに書籍などで学んでから株式の売り買いの繰り返しなどをスタートした方が、勝率が上がるのではないでしょうか。



株の新参者が初歩的な知識を学ぶためにやらなければならないことは、株式投資について書かれた紙媒体を読むことで、一定の評価を得ている紙媒体を5冊以上読まなければならないと言えるでしょう。


五冊くらい株式投資関連の紙媒体を読めば、読み終えた紙媒体の中の共通する部分は株式投資をする上で必須だということがわかるからです。


賃金はいつまで経っても上がらないのに政府は物価を上げようと躍起になっているように思います。物価が上昇すれば企業の収益力も上がることになり、株価上昇にも繋がります。銀行等に余剰資金が眠っていれば、株投資をしてみると良いです。株をやる方法はとても簡単です。証券会社に口座を持てばよいのです。今ではネット証券もありますから、取引もスムーズに行えるようになっています。
株の初心者が最初から難易度のある売り買いの繰り返しをすることはやめた方が良いです。


仮に、株では空売りして利益を得るやり方があります。

空売りというのは、売りから始める信用株の売り買いの繰り返しです。空売りであれば株価が下落した際にも利益を得られます。
しかし、危険性もあるので、空売りは株の売り買いの繰り返しが十分つかめてきてから行うべきでしょう。



株式投資をするにあたって、いくら値動きがすごいからといっても、出来高が小さい小型株式を購入することは、良いとはいえません。
その理由は、普段から出来高が多くない株式は購入した銘柄を売りたい値段で売ることができないからです。

株式投資の新米に必ず覚えてほしい言葉にキャピタルゲインと更にインカムゲインがあります。株式投資で利益を上げるにはこの二つの単語を覚えておいてください。


キャピタルゲインは株式の売り買いで生じる利鞘のことです。例をあげると、1万円で買った株式を2万円でトレードすれば、1万円の利得がキャピタルゲインになるのです。
株をやるのが初めての方が、いざ決算書を読もうとしても、書いてある情報がまったく理解できないかもしれません。

それでも、何の心配もいりません。株式投資の手法を、短期売り買いの繰り返しに決めれば決算書の内容とは関係なく損益をプラスにできるからです。
株の空売りを行っている株式投資初心者は少ないでしょう。

無理ないことかもしれませんが、株式投資をこれから長年にわたって続けていこうと思っているのなら、使えるようにしていおいたほうが良い技術だといえます。なぜかというと、空売りを覚えるということは買うほうの気持ちを理解するとともに、売る側の気持ちについても考えるようになり、株の売り買いの繰り返しの幅が広まっていくからです。

株株の売り買いの繰り返しでは、株式チャートを参考に売り買いの繰り返しの判断を行う手法が存在しています。
その中のひとつの方法が、押し目買いという名で知られている手法なのです。


株価が移動平均線と接する値を底値と判断し、その底値の近似値の状態で購入するというのが押し目買いという手法です。

これまでの経験に準じると、今後、株価の上昇が期待できるポイントだといえます。上昇や下落がどのくらいになるかを時間を追って確認するものとしてテクニカルな図面を活用する投資家はけっこう多いものです。
例えていうと、大幅に上髭の伸びた株のローソク足はその後は下がるのではないかと分析することができますし、ローソク足の分析は、売り買いの繰り返しするのに良い時期を決める手がかかりになります。

多くの人がそうだと思うのですが、私は株式投資を始めたころ、新米でテクニカルな図面の見方が把握できませんでした。



依然として完璧にわかるというわけではないのですが、「きっとこういう感じだろう」といった見方があるので、それなりに使えていると思います。それでも、今でもたまにしくじってしまうこともあります。


株式投資を行う機会には、単元株式以外の、ミニ株式を買う方法もあるでしょう。単元株では、投資金額が高すぎて買うことができない株式を手に入れたい時には、ミニ株でわずかずつ買い入れることによって、一回に大金を準備しなくてもほしい銘柄を買い取ることができます。
株式を売却したことで、利益となった際の税金は申告分離課税が原則となりますが、証券会社で開いた特定口座での株の売り買いの繰り返しの場合は紙媒体人の代理で、その都度、20%の税金を源泉徴収してもらえます。


確定申告の手間がかからない便利な仕組みですが、損失繰越をする時などは確定申告をすることとなります。株の収益については、株価の変動で発生した利益と、配当で会社から支払われる金銭という利益の二つのパターンがあります。

株価の変動を予測するのは難しいと思っている初心者の方は、落ち着いた株価の一定の配当を毎期払っている会社の株を購入することで、配当で定期的な収入を獲得するのも良い投資の一つです。株を売り買いの繰り返しするには、現物株の他にも多様な投資方法があります。副産物もその中の一つです。

これにはコールという買う権利とプットという売る権利とがあって、このそれぞれを売り買いの繰り返しでき、これら四つの組み合わせによって、自由に投資戦法の組めるデリバディブ投資です。

すごく魅力的な投資法ですが、豊かな知識が必要となります。



株を始めた初心者であっても利益を出す秘訣は、急がないことです。


気になっていた銘柄が高い価格になっているからというので慌てて買い付けすると大抵は高値掴みという結末を招いてしまいます。高騰にはどんな意味があるのだろうか、急激に高値になりすぎなのではないかと買い付けるときには一度冷静に検討をし直してから行動するようにしましょう。

株を始めたばかりの方が株式投資を始める狙い目とは、みんなが株式投資に関心を失くし、株式市場が暇な状態になっている時です。

このような時期だと、どの銘柄もありえないほど安値で株価が放置状態となっているため、優良銘柄を手に入れるなら絶好の時期であると感じるからです。株に投資する事において、時間を取れることも大事な要素です。


日紙媒体最大の市場である東京証券株の売り買いの繰り返し所が開いている時間は午前9時より午後3時までなのでより良い金額で株を売り買いの繰り返しするためにはこの時間に時間が自由になることが望ましいです。
この点で奥様方は、初心者ながら有利な立場で、株式投資が可能といえるでしょう。株式投資をする人の大半は買った株をどこのタイミングで売り抜けるかということに頭を悩ませると思います。
しかし、一番高騰したところで株式を売り抜けることというのはだいぶ難しいことなので、「頭と尻尾はくれてやれ」ぐらいの気持ちで売り抜けることができるならいいでしょう。株のデイトレードの時短期間に大もうけできてしまう人は間違いなくいます。

デイトレードというものは、購入株を持越さずに当日のうちに手仕舞いしてしまう方法なので、想定しないほどに株価が下がってしまうこともほとんどなく、リスク管理が容易でしょう。



知っているとは思いますが、株へ投資する方法には、現物取引と信用株の売り買いの繰り返しがあります。やっぱり株を始めたばかりの人には、危険や損失の高い信用取引は推奨できません。


今手持ちの資金内で投資できる現物株の売買が間違いなくおすすめです。入金した以上に損する可能性がないんですから。


また、株主優待を目的としてじっくり株を持ち続けるのも一つの投資方法と言えます。



株ってビギナーにとっては理解が難しいことだらけに思えるのではないでしょうか。


どこの証券会社を利用して株式投資を開始すればいいのかなど、迷ってしまう人が大部分です。すべての人が儲けたいと思って株式の売り買いの繰り返しを始めるわけですが、トータルで利益を残せる人はほとんどいないでしょう。


Copyright (C) 2014 株投資で稼ぎたい!と気になっている方のために All Rights Reserved.
top